© 2019  by TA+A Co,. Ltd

Share House in East Tokyo

KURASS KOIWA

建築場所:東京都江戸川区西小岩 用途:シェアハウス(寄宿舎) 構造:木造(耐火建築物)地上2階 延床面積:187.44㎡ 施工:株式会社アースデザイン​ 構造:  Eureka (永井拓生 大場康史) 写真:塩谷嘉章 施主:リオン不動産株式会社

KURASS KOIWA   HP: https://lion-realestate.co.jp/kurass_koiwa/

敷地の利活用を促す法改正による変形敷地の新たな付加価値

東京都江戸川区西小岩の駅徒歩圏のバス通りに面した学生や若年層を主なターゲットにしたシェアハウスである。近年の社会要請により2014年に東京都建築安全条例が改正され窓先空地緩和が新たに定められた。これまでは既存建物の利用や敷地に充分なスペースがない場合などには窓先空地の確保が難しい現状があったがこの緩和によってさまざまな敷地形状での計画と空家の利活用などが可能となった。

 

L字で2面接道する変形敷地に対し、地型に素直に効率的な建物ボリュームを確保し入隅には坪庭としての空隙を設けることで交通量のある喧騒からバッファを確保し外部と一体的な共用のリビングルームを確保した。住室を外周にレイアウトすることで採光もほぼ等分に配っている。外観はそれぞれの面に異なる表情を持つため角地の既存建物に絡まりつくユニークな表情が現れた。また内部にL字型の壁を敷地境界線に沿った形で挿入し緩やかに共用スペースを分節している。天井高は1階で2.7m、2Fで3.8m程度確保し、内部に十分な開放感を持たせた。居住者それぞれのエネルギー使用状況を「見える化」する"HEMS"を導入した。シェアハウスで特に問題になりがちな消費エネルギーを削減に向けて意識できると同時に、照明設備の無線化(調光+スイッチのLANによる無線化)とエアコンの遠隔操作機能を導入している。