© 2019  by TA+A Co,. Ltd

New Hachinohe Museum proposal

八戸市新美術館建設工事設計プロポーザル

建築場所:青森県八戸市 用途:美術館 構造:RC造、2階建 設計:DFI +早稲田大学入江正之研究室(弊社:設計協力)(プロポーザル応募案)

「あのなっす・ひろっぱ」から始まる アートスペース   

〈はちのへ・るねさんす〉の風景(山根勢五)の発端の役割を果たした八戸の詩人、村次郎の言葉、「道行く人との出会いに、また自らを訴えようとすれば、-人間に、風景に、「あのなっす」と呼びかけずにいられない」八戸の人々の姿勢は、「個からほとばしるパブリシティ」の精神性をもつと同時に、アートの芽生えであり、アートを生み出す力の発端です。無形芸術要素と恵まれた風土を数多く有する八戸フィールドミュージアムの思想を発展させ、かつて八戸の文芸や美の意欲を支えた「あのなっす・そさえて」の精神を次世代へ継承します。「あのなっす」の心性で集う八戸市民のアート・エデュケーション・ファームでもある「あのなっす・ひろっぱ」から八戸の美に迫り、八戸の人を育み、八戸のまちへと波及する活動が生みだされる提案としている。