Hoken Fukurou
​ほけんふくろう店舗 / VI計画

建築場所:東京都豊島区
用途:ほけんの窓口
構造:地上1階部分 50㎡
CI/VI・ディレクション:TA+A
VIデザイン: tomuradesign
施工:株式会社四五コーポレーション​
写真:石塚宏太 

「親しみやすく、​見つけやすい」ほけんの窓口

 

ほけんの窓口業務を行う新ブランド、「ほけんふくろう」のCIブランディングおよび池袋店店舗内装計画である。既存の数多くのブランドと差別化を図るうえで、幸せを呼ぶふくろうのキャラクターをモチーフにした。VIはtomuradesignとの恊働により計画している。ほけんのホスピタリティのイメージを持ちながら、対象のターゲット顧客層である富裕知的層に高級感や満足感を与えられるよう、シンボリックな赤を採用し、中央に白抜きのキャラクターが浮かぶデザインとしている。店舗はVIを踏襲し赤いバナーの中にロゴが浮かぶアルミパネルによる外装とした。ビルインのテナントが多く想定される今後の多店舗展開から、窓口カウンター部は事務エリアと窓口を緩やかに仕切るパーティションとカウンターのみで構成している。前面の通りから眺めたときに情報が必要十分に見えるよう配慮したサインレイアウトとなっている。