© 2019  by TA+A Co,. Ltd

Tokonoma Art Competition 

床の間アートコンペティション

展示場所:佐賀県佐賀市古湯温泉 用途:アート作品 (コンペティション参加作品) 材質:ガラス・紙

積層/紙・ガラス

きわめて軽薄な紙と、透き通るガラスを積層する。「積む」という行為を通して、微分化された物質の小口を集合することにより、奥行を感じる断面 を表現する。床の間は本来、掛け軸などの平面的な美を奥行を持って縁取りすることを一つの美学にしているが、きわめて繊細な物質の積層が、床の間とこの作品とのあいだの本来感じる奥行感の逆転を発生させる事により、意図的に床の間の 800mm の奥行を平面化する。訪れるひとびとがふとくつろごうとした瞬間に感じる、一種の違和感に「ドキッ」とするのが今から楽しみである。